現代の結婚事情

現在、少子化が進んでいるといわれる背景には、未婚や晩婚の割合が増えていることが挙げられます。1970年代頃に比べて、最近の未婚率は男性2割、女性4割、初婚年齢は約3~4歳上昇しています。収入が不安定で将来の展望が見えない男性と、女性の社会進出で仕事に生きがいを求める人の増加が要因のひとつといわれています。さらに30~40代で独身の人も多く、結婚適齢期が上がったといわれています。周囲の理解もあり、今は後ろめたさを感じる人も少ないでしょう。
そういった風潮もあり、あえて結婚を選択しない人もいるでしょうが、中には「したくてもできない」人がいるのも実情です。それはなぜでしょうか。異性との出会いも時代とともに変化しています。昔のように親戚や近所のおばさんが見合い話を持ってくる、ということはすいぶん減ってしまいました。戦前の日本では見合い結婚が主流でしたが、現在は友人や家族の紹介、職場や学校での出会いが増え、日常で相手を見つけられないとなかなか結婚できないという傾向になっています。
そのため、今は合コンやお見合いパーティなど「婚活」に励む人が増えています。「婚活」ブームで、様々な結婚情報サービスに注目が集まっていますが、実は昔から「結婚相談所」というシステムはありました。こういった昔ながらの結婚相談所は、登録した会員に見合う相手を探し結婚に至るまでのフォローもしっかりしていて、様々なサービスを提供してくれます。

<注目サイト>
最近では結婚相談所も増えてきているので、こちらのような各結婚相談所の特徴を比較するサイトもあります⇒結婚相談所比較サイト

結婚相談所の種類

皆さんは「結婚相談所」にどんなイメージをお持ちでしょうか。ひと昔前までは、モテない人がこっそり登録するというイメージがありました。しかし、今は「婚活」も世の中にずいぶん認知されていますし、「街コン」と・・・

メリットとデメリット

結婚相談所を利用するメリットとはなんでしょうか。まず、男性も女性も結婚に向けての意識が高いため、効率のよいスピーディな出会いを期待できることが挙げられます。事前にプロフィール検索で相手の情・・・